スカワについて

スカワでは、やっている仕事に本当の意味がなければまず始まらないと信じています。そして作ったものは隠さず分かち合い、より大勢の人々の人生を楽しくしようと心がけています。

「Árminium」も「Jószaki」も同じ意図で作り、今や前者は数十万人の家の購入を容易にし、後者の方といえばお家修復の時にいい修理屋を探しだす便利ものになった。「otthonrol.hu」クラウドソーシングシステムは、新しく母親になった方や身体障害者の方でも、お宅で出来る仕事の機会を与えています。初期の計画では数百人だったはずですが、登録者数は既に80000人を超えています。

Verticle Line

人生というのは毎日仕事で忙しいもので、大儲けよりも仕事の意味深さ、お互いに与える刺激、そして一緒に何かを作る楽しさを大切にしています。

引用

スカワでの時間はほとんど「フロー」状態で過ごせるし、残りはクールにやっています。こんな仕事だったら、こっちから金払ってまでやりますよ。^_^

引用

スカワの哲学とは

Verticle Line
Rolunk One
小は美なり

スカワのの発端は本当に小さく、二人の会社でした。そんな親密でインフォーマルな環境での同調には流石に慣れ、成長とともにそれを維持し、会社文化の一部にすることに成功しました。新社員も皆も、毎日そんな家族的な雰囲気に歓迎されることには特に注意をはらっています。

Rolunk One
重宝は意味深い仕事

あなたの仕事は大事一緒になら、どんなことでも変えられ、いいものが作れる。私たちが作っているのは締め切りよりも重要な「クォリティー」です。

Rolunk One
インスパイラル

スカワのクリエティブながらもオーガナイズされた混沌は日々私達を刺激してくれます。伝統的な思考に囚われては成り立ちもせず、型破りな考え方を必要とするという点では、スカワ全ての製品が同じです(とことんアウト・オブ・ボックスです)。毎日を作り上げていくのは会社一員皆の「仮定の話」で、それぞれのアイデアを支え、実現の為に努力していきます。

Rolunk One
新しいテク傾向?もってこい!

スカワでは最新技術を使い、プログラミングは趣味でやっている(コーディングが大好きです)。定期的にやってくるゲーム・ジャム週末には、一緒に考えだした

 

大学生のみならず、高校生でも大歓迎しています。スカワの夏期実務研修プログラムとErasmusのおかげで、よく国内外のインターン生を迎えています。

Verticle Line
 

夏期実務研修

スタートアップワークショップの何たるかを味わう機会として、毎年夏になると、大学生向けの夏期実務研修を開始します。職場トレーニングと継続的な専門的サポートを受けながら、興味のある分野を研究する機会とともに、現行プロジェクトにも参加して本格的なプロジェクトゴールを達成してもらう研修プログラムです。

リファレンス

チーム